債務整理をおこなうデメリットも

有名なところでいえば、ブラックになってしまうという点でしょう。つまり、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

自己破産や任意整理など、借金の整理には複数の種類がありますが、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が短ければ5年、長ければ10年と違いがあります。実際に債務を整理を行った場合、何パーセントくらいを減額してもらえるのかというのは最大のポイントになります。

おおよその金額をしるためには、弁護士事務所などに相談すると確実です。とはいえ、少しハードルが高いですよね。

そんな人は、ネットで無料診断で債務を整理の計画を立てられるものも増えていますから、一度使ってみて、目安にしておくのもおススメです。もし、自己破産や個人再生をしたのなら、確実に官報に個人情報が載るでしょう。国の発行する官報には裁判内容などが記載されるため、一例としては自己破産のケースだと二度、あるいは、個人再生であれば三度、氏名と住所が公告されるでしょう。この期間は約1ヶ月ですが、そもそも官報の存在は一般的に知られておらず、周囲の人間が見ていることは極めてレアなケースです。もし任意整理を行ったのなら裁判所をとおしていないので、官報は関係ありません。

近頃はあまり見かけませんが、任意整理と個人再生の中間のような特定調停という債務整理があるのをご存知でしょうか。

債務が残っている借入先について、過払い金が生じている時に選択できる手法です。
それと、過払い金部分についてですが、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、後日あらためて請求する形をとります。債務が残っているうちは過払い金請求はできず、債務を完済している時点で請求可能となります。

もう借金が返済できない